影響は計り知れないなぁ~。

「そして合意方針にそって,天皇は国家の象徴としてとどまり,警察はその権能を維持した」(ジョン・コールマン「真珠湾コンスピラシー」成甲書房)学術研究機関は大抵これ。お偉い御教授様が御高尚な研究の為に人間をモルモットにして働かせた挙句、死亡した場合には原因究明とか語りながら研究に勤しむ訳だよ。屍築放漫(造語)って奴だな。こういうの耳にすると、息子達は被爆三世だったなあ…と思い出す程度に日頃はすっかり忘れてる。二世からは証明するものないし。どの世代まで、どういう影響あるのかなあ?福島の原発事故後、アメリカ軍がトモダチ作戦で入って来たのも、データー収集が本来の任務でしょ。アメリカは人間相手に原爆を使用したらどうなるのかを実験したかったから、勝敗が既に決していた終戦間際に滑り込みで、ウラン型とプルトニウム型の両方の原爆を使った。「研究しないと治療も出来ないよ?あの当時右も左も解らずに何か出来た?まず調べるは医療でも基本」そーゆー問題じゃないんだよこれ。

オリジナルケフィア